Word 2019&2016:自動的に更新される日付を挿入

定期的に日付の更新が必要なテンプレートまたはその他の種類の文書がある場合は、Microsoft Word 2016または2013に自動的に更新される日付を表示させることができます。 これは自分で手動で更新することを忘れないよりもずっと簡単です。

  1. 日付を表示したい場所にマウスカーソルを置きます。
  2. 挿入 」タブを選択してください。
  3. [ テキスト ]グループで、[ クイックパーツ ]> [ フィールド]を選択します。

  4. カテゴリ」ボックスの下にある「 日付と時刻 」を選択します。
    • CreateDate ” - 文書が作成された日付を表示します。
    • PrintDate ” - 文書が印刷された日付を表示します。
    • SaveDate ” - 文書が最後に保存された日付を表示します。
  5. 日付形式 」ボックスで希望の日付と時刻の形式を選択します。
  6. 準備ができたら「 OK」を選択すれば完了です。

注:フィールドを右クリックして「 フィールドの更新 」を選択すると、日付を手動で更新できます。

これで、文書の日付が文書に挿入され、MS Word文書を開くたびに選択した内容に基づいて自動的に更新されます。