Outlook:「ファイルusername.ostは使用中でアクセスできません」というエラーを解決する

今日、Microsoft Outlook 2016がクラッシュしました。 もう一度起動しようとすると、次のようなエラーが表示されました。

Outlookデータファイル - ファイルC:\ Users \ ユーザー名 \ AppData \ Local \ Microsoft \ ユーザー名 \ username.ostは使用中であり、アクセスできません。 このファイルを使用しているアプリケーションをすべて閉じてから、やり直してください。 コンピュータを再起動する必要があるかもしれません。

当時、私のコンピューターを再起動することはできませんでした。 これが問題を解決する方法です。

修正1 - Outlook関連のプロセスをすべて終了する

  1. タスクバーを右クリックして[ タスクマネージャ ]を選択するか、 Ctrl + Alt + Deleteキーを押してから[ タスクマネージャ ]を選択します。
  2. プロセス 」タブを選択してください。
  3. Communicator 」、「 Lync 」、「 ucmapi 」、または「 Outlook 」という名前のものを探します 。 これらに関連する項目が見つかった場合は、それを選択してから[ タスクの終了 ]ボタンをクリックします。

修正2 - コンピュータを再起動する

ファイルを独占しているプロセスを把握しようと一日中過ごすのではなく、単純なコンピュータの再起動を試してみてください。 [ スタート] > [ 再起動 ]を選択します。


修正3 - Exchangeキャッシュモードを無効にする

  1. Outlookを閉じます。
  2. コントロールパネル 」を開き、「 メール 」を選択してください。
  3. メールアカウント 」ボタンを選択してください。
  4. Eメール 」タブを選択してください。
  5. 警告が表示されているメールアドレス(email.ost)を強調表示してから、[ 変更]を選択します。
  6. キャッシュ交換モードを使用する 」のチェックを外します。
  7. 次へ 」を選択してから「 完了 」を選択します。

もう一度Outlookを起動しようとします。 うまくいけば、それは今正常に動作します。 サーバーから直接Outlookを使用している場所に切り替えるので、これは修正よりも回避策です。 これは速度の問題を引き起こすかもしれません。 キャッシュ交換モードを無効にして問題が発生した場合は、上記の手順6の[キャッシュ交換モードを使用する]チェックボックスをオンにしてもう一度有効にしてください

上記のどちらの方法でも問題が解決しない場合、OSTファイルを取り扱える別のコンピュータまたはプログラムを持っている可能性があります。 Outlookと連携する可能性のあるワークステーションでは、Outlookを使用するものはすべて完全に閉じられていることを確認します。

修正3を寄せてくれたAlix Jimenezに感謝します。