iPhone&iPad:「現在地を共有」がグレー表示されている

Apple iPhoneまたはiPadの[現在地を共有]オプションがグレー表示になっていませんか。 ここにあなたがこの問題があるかどうかをチェックできるいくつかのことがあります。

修正1 - iCloudが有効になっていることを確認する

「現在地を共有」オプションは、iCloudと同期している場合にのみ点灯します。 「 設定 」>「 iCloud 」に移動して、Appleアカウントでログインしてください。


修正2 - ロケーションサービスが有効になっていることを確認する

  1. 設定 」>「 プライバシー 」>「 位置情報サービス 」を開きます
  2. 必要に応じて、「 位置情報サービス 」が「 オン 」または「 オフ 」になっていることを確認してください。

修正3 - 制限が有効になっていないことを確認する

  1. ホーム画面から「 設定 」を選択します。
  2. iOS 12以降では、「 スクリーンタイム 」>「 コンテンツのプライバシーと制限事項 」>「 コンテンツのプライバシー 」を選択してください。 iOS 11以下では、「 一般 」>「 制限 」を選択してください。
  3. デバイスに設定されているPINを入力してください。 PINが何であるかわからない場合は、デバイスにアクセスしたことのある人に確認してください。
  4. 位置情報サービス 」を選択してください。
  5. 変更を許可する 」が有効になっていることを確認してください。
  6. 現在地を共有 」を選択し、必要に応じて「 オン 」または「 オフ 」に設定されていることを確認します。

注意:デバイスが学校または雇用主によって提供されている場合は、この設定を変更できない場合があります。 この場合は、エンタープライズデバイスの管理者に連絡して設定を解除するように依頼する必要があります。