Google Chromeで「プリフェッチ」を有効または無効にする方法

Google Chromeのプリフェッチ機能は、アクセスできないページをキャッシュすることでリソースを消費します。 このチュートリアルを使って設定を変更し、プリフェッチ機能を有効または無効にすることができます。

プリフェッチとは

Google Chromeのプリフェッチ機能は、「プレレンダリング」とも呼ばれ、現在アクセスしているウェブページにリンクされているページをキャッシュします。 これにより、アクセス時のページの読み込み速度が少し速くなります。

プリフェッチを無効にする方法

  1. メニュー 」をクリック

    右上隅のボタンをクリックしてから、「 設定 」を選択します。
  2. 下にスクロールして「 詳細 」オプションを選択します。
  3. [ プライバシーとセキュリティ ]セクションまでスクロールし、[予測サービスを使用してページをすばやく読み込む ]オプションを左に切り替えてプリフェッチを無効にします。 有効にしたい場合は、右に切り替えてください。

オプション2 - レジストリ(Windows)

  1. Windowsキーを押しながら「 R 」を押すと「ファイル名を指定して実行 」ボックスが表示されます。
  2. regedit 」と入力してから[ Enter ]を押します。
  3. 注意:「Google」フォルダと「Chrome」フォルダを作成する必要があります。
  4. 案内する:

    HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ポリシー\ Google \ Chrome

  5. Chrome 」を右クリックし、「 新規 」>「 DWORD 32ビット値 」の順に選択します
  6. 値に「 NetworkPredictionOptions 」という名前を付けます。 値のデータを次のように設定します。
    • 0 =プリフェッチは常に有効
    • 1 =セルラー以外のネットワークでプリフェッチが有効
    • 2 =プリフェッチを無効にする
  7. コンピュータを再起動すると、設定は変わりません。

オプション3 - 端末コマンド(MacOS)

    1. Finderから、「 移動 」>「 ユーティリティ 」の順に選択します。
    2. ターミナル 」アプリケーションを開きます。
    3. 次のように入力して、Enterキーを押します。

      defaults write com.google.chrome NetworkPredictionOptions -integer

      どこで 達成したいことに応じて、 0、1 、または2です。

      • 0 =プリフェッチは常に有効
      • 1 =セルラー以外のネットワークでプリフェッチが有効
      • 2 =プリフェッチを無効にする
    4. Macを再起動してください。